商品ごと料金や相場

ワンピースのクリーニング料金相場は?自宅で洗濯する方法は?

ワンピースのクリーニング料金相場と出し方

ワンピースをクリーニングに出すと料金が高いのではないか?
自宅で洗濯することができないのか?様々な心配がありますよね

ここではシンプルなワンピースから複雑なワンピースまでクリーニング料金の相場から頻度や自宅での洗濯方法まで紹介します

ワンピースは自宅で洗濯することができるのか?

ワンピースの素材がポリエステルや化学繊維などのそざいであれば自宅で洗濯することができます ワンピースを上手に洗濯する方法を紹介します

洗濯する前の「準備」

洗濯ネームの確認

ワンピースを洗濯する場合は必ず洗濯ネームを確認し、自宅で洗う事ができるのかどうか確認しましょう

「洗濯機マーク」や「手洗いマーク」の場合は自宅で洗濯することができます

「水洗い不可」や「ドライマーク」が併記している場合は自宅で洗濯することができないので必ずクリーニング店に出しましょう

※洗濯ネームの確認時は絵表示だけでなく裏などに記載されている注意書きも確認しましょう

適切な洗剤を選ぶ

洗濯ネームだけで無く裏の注意書きも確認して適切な洗剤を選びます

洗濯ネームの中に「中性」と注意書きがある場合はおしゃれ着用の洗剤を使用しましょう
「中性」の表示書きが無い場合は一般衣料用洗剤でも洗濯することが出来ますが、色あせや型崩れを防ぎたい場合はおしゃれ着用の洗剤を使用しましょう

前処理をする

ワンピースの襟や袖口の汚れやシミなどの前処理をします
襟や袖口には「エリ・袖口の部分洗い洗剤」を使用し、ワキの下などの汗じみや食べ物のシミには「液体酸素系漂白剤」か「シミ用の部分洗い剤」をあらかじめ付けてキャップの裏や容器のした部分で軽くポンポンと叩きましょう

※洗濯ネームに「中性」と書かれている場合は、エリや袖口の汚れにもおしゃれ着用の洗剤の原液を付けて処理しましょう

洗濯ネットに入れる

ワンピースの絡まりや傷みを防ぐ為に洗濯機で洗う場合は洗濯ネットを使用しましょう
ファスナーやボタンは事前に閉めておきましょう
ビーズやスパンコールやコサージュなどのデリケートな装飾が施されている場合は、裏返して洗濯ネットに入れます

洗濯ネットのサイズは大きすぎる物は使用せずにジャストサイズの洗濯ネットを使用しましょう

洗濯の手順

やさしく洗いましょう

洗濯ネームに「洗濯機弱」のマークがある場合は「手洗いコース」か「ドライコース」で洗濯機で洗います

洗濯ネームに「手洗イ」のマークがある場合は、手でやさしく「押し洗い」します
このマークの場合でも洗濯機で「手洗いコース」か「ドライコース」があれば、洗濯機でもかまいませんが、ワンピースが傷まないためにも手洗いが基本的にオススメです

柔軟剤を入れて仕上げをする

柔軟剤を使用すると衣類を柔らかく仕上げる他に静電気を防止する効果もあり、裾や裏地のまとわりつきが無くなる他にも洗濯ジワを無くしたり、香りが長続きし、汗の臭いや食べ物の臭いが付くのを抑える効果がある柔軟剤もあります

どのような効果を得たいのか考えて目的に合わせて柔軟剤を使い分けましょう

脱水は短時間で

洗濯ジワや型崩れを防ぐ為に長時間の脱水は避けましょう
特に薄手の化学繊維のワンピースは一度シワが付いてしまうとシワが取れにくくなるため水滴が垂れない程度に短めに脱水します
また、薄手でなくてもポリエステルやストレッチ素材はシワが取れにくいので脱水時間を短くしましょう

薄地のワンピースは振り洗いしましょう

刺繍やビーズ等のデリケートな装飾のある場合は裏返した状態で洗います
裏返しの状態で両手で肩部分を両手で持ち左右上下に振って洗いましょう
ある程度洗ったら様々な部分に持ち替えて同じように振り洗いしましょう
ワンピースが大きくてかさばる場合は、桶の代わりに洗濯層を利用しましょう

デリケートなワンピースはタオルでドライする

デリケートな衣類のをやさしく脱水する方法はすすぎ終わったワンピースを軽く絞った後にタオルの上にワンピースを置き上からタオルを挟んで軽く押してタオルで水分を吸収します

干す手順

型崩れを防ぐ為に厚みのあるハンガーを使用します
通常のハンガーを使用した場合はハンガーの後がワンピースに付いてしまう場合もあるので、ハンガーも布製の布ハンガーを使用するとハンガーの跡が付きにくくなります

その後、形を整えて日陰に干します

アイロンがけの方法

「アイロンがけ」は洗濯タグを見て素材に合わせて温度を設定します
ポリエステルはドライアイロンをでアイロンがけします

ワンピースのクリーニングの相場は?

ワンピースをクリーニングに出す場合の価格はいくらでしょうか?
気になるところです

そこでチェーン展開しているクリーニング店何店舗かのワンピースの価格を調べました

参考にしてください

ホワイト急便
プリーツワンピース 950円
汗抜きオプション 1150円
ハイクラス 1900円
ロングワンピース 950円
汗抜きオプション 1150円
ハイクラス 1900円
白洋舎
ワンピース袖なし 1050円
ローヤルコース 2100円
高級ブランド品 2100円
ワンピース半袖・長袖 1450円
ローヤルコース 2800円
高級ブランド品 2800円
ノムラクリーニング
ワンピース 980円~
ピュアクリーニング
ワンピース 900円
クオリティコース 1200円
流水ウェットコース 1800円
プレミアムコース 2200円

クリーニング店各お店のワンピースの価格を調べましたが、どこのお店も通常コースであれば1000円以内で、高級品や丁寧なコースであれば2000円程度のイメージでした

どれ位でクリーニングから帰ってくるの?頻度はどれ位で出せばいい?

ワンピースをクリーニングに出してから帰ってくる期間ですが、基本的には2~3日で、オプションや高級ブランド品のコースを選んだ場合は1週間が目安になります

ワンピースをクリーニングに出す頻度ですが、アンケートを取ると約半数の方は「2~3回着たらクリーニング」で20%の方は「1回着るごとにクリーニング」と答えています

中には4~5回着てからクリーニングに出す方や10回着ても平気な方もいらっしゃいましたが、あまりにも長い期間クリーニングに出さずに着用し続けると汚れやシミもとれなくなってしまいます
逆に毎回クリーニング出す場合も生地を傷めてしまう恐れがあるので理想は3回程度着用してからクリーニングと感じました

もちろん特別汗をかいたり汚れてしまった場合はすぐにクリーニングに出しましょう

ワンピースクリーニングQ&A

レースのワンピースについて

クリーニング方法に詳しい方の知恵を貸して下さい

JILLSTUARTの総レースのワンピースを購入しました

友人の結婚式で1日着用し、汗の臭いが残ってしまったので近所のクリーニング店に出しましたが、臭いが全く取れていませんでした

総レースでドライクリーニングしかできず、ドライクリーニングでは臭いは落ちないとクリーニング店に言われました

今後も何度か着用したい予定があり、別のおしゃれ着クリーニングを取り扱っているお店にも相談に行きました

そのお店でドライクリーニングと汗抜き加工を依頼し、本日引き取りに行きましたが、前回よりかは臭いが取れていましたが、脇のあたりの臭いを嗅ぐと汗の臭いが残っています

かなりお気に入りのワンピースでまだ1度しか着ていないので出来れば臭いを除去したいのですがどうすれば良いのでしょうか?

A.クリーニングから帰ってきたらまず、袋から出して部屋に吊して下さい

さらに扇風機やエアコンのドライの風を当てるとより効果があります

今後は帰宅後にワンピースを脱いで裏返しましょう

その後濡らしたタオルを絞って脇やウエストなどの汗がついた箇所をトントンしましょう

その後裏返しのままで上記と同じように風を当てましょう

自宅での洗濯は絶対にやめましょう

手洗いをしてもレースがゴワゴワになってしまいますし、干すときの仕上げが難しいのでやめた方がいいです

レースは臭いが残りやすいので多少は仕方ないかもしれません

汗を落とすのはウエット(水)なのでドライ(石油)では落とせません

着物やハイブランドを取り扱っているクリーニング店なら繊細な素材のクリーニングが得意です

さらに「シミ抜き」の看板が出ているお店がおすすめです

最近では郵送で出すことが出来る宅配クリーニングも質がよく人気なのでチェックして下さい

ワンピースの保管方法は?正しい保管方法

ワンピースの保管方法ですが、基本的にはハンガーにかけて日光の当たらないクローゼットになおします
ハンガーは通常タイプであればワンピースにハンガーの型が付いてしまうので、布製の厚みのあるハンガーを使用しましょう
無い場合はハンガーに不要なタオルを巻いて代用することもできます

埃が付着することが気になる方は布製のカバーを掛けておくと良いでしょう

クリーニング上がりに付いているビニール袋はそのままにしておくと湿気が溜まりカビなどの原因になるのですぐに取りましょう
クリーニング上がりには薬剤が残っている場合もあるので一度日陰の風通しの良い場所で干すと薬剤を飛ばす事ができます

クローゼットには除湿剤と防虫剤を入れておくと虫食いなどの心配も無く安心して保管することが出来ます