商品ごと料金や相場

コートのクリーニングの料金相場は?自宅で洗濯する方法は?

コートのクリーニング料金相場と出し方

コートは冬になると活躍する防寒着ですが、コートにもオシャレ用・普段着用・仕事用などその日によってデザインや素材も様々な種類のコートがあります

着用する頻度によっては汚れ具合が変わってくるので、いつクリーニングに出せば良いのか困りますよね?
それに汚れが気になってもコートをクリーニングに出すと考えると価格が高いのではないかと思ってしまい気軽にクリーニングには出せませんよね……

それに自宅で洗濯しようとも思いますが、万が一自宅で洗濯して大切なコートが駄目になってしまったらと考えると中々洗濯する事も出来ません

コートのクリーニングや洗濯で迷っている方の為にクリーニングに出す頻度や料金や本当に自宅で洗う事ができないのか調べました

クリーニングに出す場合もクリーニング店の価格表に記載されている価格は基本的なコートの価格で、コートでもロングタイプやカシミヤ100%などの高級素材の場合価格が違う場合も多々あります
クリーニングに出す前にどんなコートなのかを伝え事前に価格を調べましょう

さらに、同じクリーニング店でも地域によって価格や種類分けが違う場合もあります

基本的にコートのクリーニングの価格は1200円程度ですが、コートのクリーニングはオプションで「撥水加工」や「花粉防止加工」を依頼するとベストコンディションでコートを使用する事ができます

クリーニング店には会員登録をすると会員価格(割引適用)でクリーニングに出すこともできます

コートは自宅で洗濯することができるのか?

コートは冬になると毎日使用しますし、毎日使用していると汚れや臭いも気になります

さらに、新年会や忘年会などもあるので、お酒やたばこの臭いなども付きやすく、クリーニングに出したいが、出費や時間がかかるのも困りますよね?

コートを自宅で洗濯することはコートの種類によっては可能です

それではコート別に洗濯方法を紹介します

コートを洗濯する前に確認する事

使用する洗剤をチェック

普段使用している洗剤は弱アルカリ性だと思いますが、特殊な素材の場合アルカリ性の洗剤を使用すると生地を傷めてしまう可能性があるので必ず中性洗剤であるおしゃれ着用の洗剤を使用してください

平干しできるかチェック

洗い終わったコートは日陰に平干しすることがオススメです

平干しする場合、平干し専用のネットを使用するのがいいです
100円均一ショップなどでも販売しているので一度試してみてください
重たいコートを干すためにはしっかりとしたネットの上で風通しの良い場所でよく乾かしましょう

それではコートのポケットに不要な物が入っていないか確認し、装飾品を外してお洗濯しましょう

コートの洗濯方法(共通)

コートの種類によっては洗濯時に気を付けるポイントが様々ですが、基本的な洗い方は同じです

部分洗いをする

まずは襟や袖の部分などの特に汚れが気になる部分から汚れを落としていきます

汚れている部分に直接おしゃれ着用の洗剤を付けてキャップの裏や容器の裏で軽くポンポンと叩きましょう

擦ると生地を傷めてしまう可能性があるので注意してください

洗濯機or手洗い

基本的には手洗いですが、洗濯機にドライコースやお家クリーニングコースがある場合は、洗濯機も使用することが出来ます

洗濯機で洗う場合

必ず洗濯ネットを使用しましょう

ファスナーやボタンは閉じて半分に折りたたんでください

シワにならないようにフワッと畳んでください

手洗いする場合

洗濯槽や大きめのバケツに水を張り、おしゃれ着用の洗剤を溶かします

30度くらいのぬるま湯に洗剤を溶かすと汚れがよく落ちます コートを入れて20回程度押し洗いしましょう

脱水をする

手洗いでも洗濯機でも脱水時は注意が必要です

脱水は洗濯機で30秒~1分以内で脱水をします

脱水を長時間行なうとコートの生地が傷んでしまうので注意しましょう

脱水が終わるとコートをタオルで包み水分を吸い取ります 水分をタオルに移すようにやさしく取り扱うことで生地を傷める事を防ぎます

脱水では長時間かけて水分を取り過ぎてしまうとシワの原因になってしまうので慎重に行ないましょう

コートの種類はたくさんありますが、結局は洗えるか洗えないかの違いは素材によります
それでは種類別にコートの特徴と注意点を紹介します

トレンチコート

綿やポリエステルなどの化学繊維で出来ていることが多いトレンチコートは薄手の物が多いです

注意点としては、風通しの良い日陰にしっかりと干し、こまめに形を整えながら干しましょう

完全に乾いたらアイロンを低温スチームで当ててシワをしっかりと伸ばしてください

ウールコート

ウール素材は非常に縮みやすいので手洗いが最適です

また、日光で変色しやすくアイロンをかけてしまうとテカりやすいので、プロのクリーニング店に任せる事をおすすめします

どうしても自宅で洗濯したい場合はコートを裏返しにしてなるべく長時間水に浸さないように細心の注意を払ってください

ダッフルコート

ウール生地で作られている フード付きのコートの事です

ダッフルコートの最大の特徴は大きめのボタンです

洗濯する際には木津付かないように気を付ける必要があります

Pコート

ウール生地で作られている丈の短いコートがPコートです

様々な素材が混合されている場合が多いので洗濯前には洗濯ネームを必ず確認してください

モッズコート

モッズコートは綿・ポリエステルで出来ている場合が多いです

そのためコートの中では最も水洗いしやすいと言えます

しかし、ファーが付いていたりする事もあるので気を付ける必要があります

ファーは一度濡れてしまうと元のフワフワな状態に戻らない可能性があるので、取り外し出来るようなら取り外ししましょう

ベンチコート

ベンチコートはスポーツ観戦するときに利用されることが多いコートです

防寒のために機能性を重視したコートなので、ダウンやボアなどの素材で出来ている事が多いです
防寒性に関して言えば、圧倒的にダウンで出来ている物が暖かいですが、すぐに汚してしまうお子様などは洗濯しやすいボア素材の方がお手入れが簡単ですボア素材であれば先ほどの手順で洗濯できます

このようにコートでも注意点をしっかりと守れば自宅で洗濯できるコートもたくさんあります
ですが、お気に入りのコートや高級ブランド品や高級素材を使用している場合は、クリーニング店のプロに任せた方が良いでしょう

コートのクリーニングの相場は?

ホワイト急便
コート 1200円
汗抜き 1400円
高級品 2400円
白洋舎
コート 1900円
高級ブランド品 3750円
半コート 1600円
高級ブランド品 3150円
ノムラクリーニング
コート 1285円~
ピュアクリーニング
ベンチコート 1200円
ママコート 1200円
ダウンコート 2400円

クリーニングチェーン店のコートの価格を調べましたが価格は1000円~1500円程度でした
コートのクリーニングの価格はもっと高いと思っていたので思っていたり安くてびっくりです
シーズンの終わりには必ずクリーニングに出せますね♪

どれ位でクリーニングから帰ってくるの?頻度はどれ位で出せばいい?

コートのクリーニングに必要な期間は基本的には1週間~2週間です
選ぶコースが高級ブランド品などの手間が必要なコースを選べば、もう少し日数が必要になる可能性があります

コートのクリーニングに出す頻度ですが、毎月出すのは日数的にも金銭的にも難しいですが、出来れば月に1度最悪でもシーズンの終わりには出して綺麗にしてコートを来シーズンに向けて保管しましょう

コートのクリーニングQ&A

Q.ダッフルコートをクリーニングに出すと付属品の塗装が剥がれてしまいました

トグルやボタンが白くペイントされているダッフルコートですが、そのトグルと首元についているボタンのほとんどのペイントが浮いていてボロボロと剥がれやすくなっていて少し触ると実際に剥がれてしまいます

トグルの一番上の箇所はダメージがありませんでしたが、仕方が無いと思いながら来ましたが、着るにはみずぼらしくお気に入りのダッフルコートだったので、クリーニング店の中でも信用が出来る高価なクリーニング店に出したのでショックです

クリーニングが原因なのかは明確ではありませんが、原因としてはそれくらいしか考えられません

ですが、取り扱い欄にトグルについての表記がなければ、クリーニング店にクレームを入れても責任を問うことが出来ないような気もしています

それに今後そのクリーニング店に出入り出来なくなるのは困ります

クレームをクリーニング店に入れるべき案件なのか、ボタンの塗装などを直してくれる業者を探して自力で対応するべきなのか教えてください

A.品質表示にはボタンを取り外して下さいやボタンの塗装は剥がれていきますなどの注意書きが添えられていますか?

塗装の寿命は5年程度で、3年くらいで接着剤の寿命がくると一気に剥がれてくるようになります

購入してからではなく塗装されてからの寿命なので去年などに作られたモデルを購入すると購入されてからではなく製造されてからの寿命なので早く寿命が来ます

品質表示は日本の法律にそって付けられている服の保証書なので、指示通りに洗って出てしまった不具合はメーカー元の責任になり、保証するのはメーカー元で、指定以外の洗い方で洗ってしまったのであれば洗った人の責任でクリーニング店の場合はクリーニング店の責任になります

ですが、注意書きでボタンは事前に外すようにや、塗装は剥がれるなどの明記があれば話が変わってきます

製造年月日も品質表示からわかる様になっているので3年程度経過していると塗装が剥がれてきても不思議では無いと言う見解になります

以上の事を踏まえて一度クリーニング店の相談してはどうでしょうか?

 

コートの保管方法は?正しい保管方法

コートがクリーニングから帰ってきたら必ずビニール袋を外しましょう
ビニールを付けたまま保管してしまうと湿気が溜まりカビの原因にもなるので必ず外しましょう

何かカバーを掛けたい場合は、布で出来た袋などをかぶせておくと埃などが付く心配も無く安心です

クリーニングから帰ってきたら少し日陰で風通しの良い場所で干すと残っているクリーニングの溶剤を飛ばす事もできます

その後はハンガーにかけてクローゼットになおしますが、除湿剤や虫除けを忘れずに入れましょう