商品ごと料金や相場

毛布のクリーニングの料金相場は?自宅での洗濯する方法は?

毛布のクリーニング料金相場と出し方

みなさん毛布の手入れや洗濯はどのようにされていますか?
洗濯は難しそうだし、洗っても干す場所が必要で乾かすのも大変だから除菌スプレーなどで済ませていませんか?

毛布は布団よりお肌に近い位置で使用するので首や顔の皮脂が付きやすいですし、汗もかくのでできるだけ定期的に洗いたい物です

業務用に近いような容量の大きな洗濯機があれば自宅でも洗濯が可能ですが、中々そんな洗濯機を持っている家庭は少ないと思いますし、干したり乾燥させるのもとても手間が必要になり、どうしても毛布の洗濯は後回しになりがちです

毛布も素材によっては水で洗わない方が良い毛布もあります

せっかくのふかふかで気持ちの良い毛布を自宅で洗ってしまいふかふか感が台無しになってしまうと元も子もありません

毛布はクリーニングに出した方が確実に綺麗になります

毛布は自宅で洗濯することができるのか?

毛布の自宅での洗濯は難しいと思われがちですが、洗濯表示を確認して問題が無ければもちろん自宅でも洗濯することが出来ます
大物の毛布の洗濯は面倒くさいや出来ないと思われがちですが、洗濯すれば洗濯後の毛布はとても気持ちよく快適な眠りにつくことができます

年末の大掃除に思い切って毛布を洗濯したり、季節の変わり目に洗濯するのもオススメです

自宅の毛布が洗濯できるのか洗濯表示で確認しましょう

洗濯表示の確認時はマークを見るだけでなく、タグに書いている注意書きも確認し、「洗濯機で洗濯処理が出来る」や「洗濯機で弱い洗濯処理が出来る」は一般衣料用洗剤「洗濯機で非常に弱い洗濯処理が出来る」や「手洗いができる」場合はおしゃれ着用洗剤を使用しましょう

洗剤の中には漂白剤入りの洗剤もありますが、三角に×のマークがあれば漂白処理が出来ないマークなので「漂白剤入りの洗剤」は使用できません

汚れを叩き落としましょう

洗濯表示を確認し、使用する洗剤が決まったら早速毛布を物干し竿にかけて、埃や髪の毛などを叩き落としましょう

洗剤の原液を付けて下準備

直接お肌が触れる部分で特に顔や首が当たり皮脂や汗で汚れている部分は洗剤の原液を付けてキャップの底や洗濯ブラシの背で軽くたたいて前処理をしましょう

洗濯時は「洗濯ネット」を使用しましょう

毛布を洗濯機で洗う場合は必ず「洗濯ネット」を使用してください 洗濯ネットは大物洗い用が販売されているので大物洗い用を使用しましょう

洗濯ネットに入れる前に毛布の汚れが酷い部分を外側にして洗濯ネットの大きさに合わせてジャバラ状に畳みます
その後で、毛布を丸めて洗濯ネットに入れましょう

汚れが酷い部分を下側に

縦型全自動洗濯機の場合、直接肌が触れて汚れが酷い部分を洗濯槽の底に向けて入れます

コースを選択

「大物洗いコース」や「毛布コース」を選んで洗剤投入口に液体洗剤を入れます

しっかりと毛布を沈める

毛布は浮きやすいので洗濯をスタートし、水が入った後に一度蓋を開けて毛布が浮いていないか?
しっかりと水に浸かっているか確認します
毛布が浮いてしまっている場合は両手でしっかりと毛布を沈めてから洗濯をスタートしましょう

柔軟剤を使用する

柔軟剤を使用すると毛布がふっくらと滑らかな肌触りに仕上がり、洗濯後の静電気も抑える事が出来る効果があるので使用しましょう

洗濯機に入らない毛布の洗濯の仕方

洗濯機に入らない「大型毛布」はお風呂場の浴槽などを使用して洗いましょう

「ジャバラ状」に畳む

汚れが酷い部分を外側にして浴槽の大きさに合わせて「ジャバラ状」に畳みましょう

「足踏みあらい」

毛布が浸かる程度の水と適量の液体洗剤を入れて両端から「足踏み」をするように毛布を洗っていきます

シャワーですすぎを行なう

足踏みが洗濯が終わると、洗剤液を浴槽から流し、「シャワー」をかけながらすすぎを行ないましょう

適量の「柔軟剤」を入れる

柔軟仕上げを行なう場合は、水を浴槽にためてから「柔軟剤」を適量入れてまんべんなく足でなじませてから水を抜いて足で毛布を踏んで水分を押し出します

浴槽の縁にかけて脱水

洗濯機に入らない毛布は浴槽の縁にかけて水を切り脱水しましょう
水が切れて毛布が軽くなったら物干し竿に移動します

物干し竿2本使用し「M字干し」

脱水後はすぐに洗濯機から毛布を取り出し、手で取ることが出来る毛玉はあらかじめ取っておきます
大物の毛布はとても乾きにくいので、効率よく乾かすために物干し竿を2本使用し、「M字」に干しましょう
ある程度毛布の表が乾いてきたら裏が乾きにくいので裏返して乾かすと比較的早く乾かすことが出来ます

毛布のダニを退治する方法とダニの怖さ

毛布のダニ退治をせずに放っておくとどうなるのでしょうか?

ダニが最も繁殖する季節は5月~7月で梅雨の前からダニは増え始めて梅雨の季節になると爆発的に繁殖します

その後は気温がだんだんと下がり秋にかけて繁殖した多くのダニが死骸となります

ですが、最近は自宅の気温が温かくダニが1年中減らないことが増えています

ダニの増える条件を紹介します

  • 湿度が60%以上
  • 温度が20度~30度が繁殖し、55度を超えると死骸します
  • ダニの栄養はフケ・皮脂・タンパク質・カビ・ホコリなどを栄養源とします
  • ダニが卵を産む場所としては畳・ソファ・布団・毛布・ソファなど

ダニに種類はあるのでしょうか?

自宅に住みつくダニには様々な種類のダニがいますが、人を刺したり痒みがでるダニは数種類の内の一部です

ヒョウダニ

チリダニの一種で布団に住みつくダニの9割以上占めていると言われています

体長は0.3㎜~0.4㎜で人を刺したり噛んだりすることはありませんが、ヒョウダニの糞や死骸に含まれるシステインプロテアーゼと言われる酵素がアレルギーの原因となります

ツメダニ

ヒョウダニが増えるとヒョウダニを餌とするツメダニを引き寄せることになります

ツメダニは人を噛むので痒みを引き起こします

毛布や布団のダニを放置するとアレルギーの原因になります

布団や毛布に住みつくヒョウダニは人を噛んだり痒みを与えることはありませんが、ダニで最も厄介なのはダニの糞や死骸です

ダニの糞や死骸は強力なアレルゲンとなって下記のようなアレルギー症状を引き起こします

  • 気管支喘息
  • アトピー性皮膚炎
  • アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎

生きているダニ・ダニの死骸・糞を駆除する方法

生きているダニを駆除する方法

  • 天日干し……ダニが死ぬのは55度以上の高温にする必要があるため生きているダニを駆除する事は出来ませんが、ダニが増殖しないために布団の湿度を下げる為には有効です
  • 布団乾燥機……布団乾燥機は60度程度まで温度を上げれるとされているので有効ですが、ダニが温度の低い裏側に移動したりするため、場所を変えて何度も布団乾燥機をかける事が必要です
  • 掃除機……掃除機はゆっくりと丁寧にかける事で表面に付いているダニの死骸や糞を吸い取ることはできますが、生きているダニは繊維にしがみつくので取ることはできません
  • 洗濯……布団や毛布を丸ごと洗濯するとダニの死骸や糞は洗い流すことが出来ますし、生きているダニもある程度は死滅出来ますが、一部は洗濯しても生き延びてしまいます

毛布のダニを徹底して退治するならクリーニングに出す

これらのことからも毛布に住みついているダニの駆除と死骸や糞を徹底的に駆除を自宅で行なうのは非常に時間と手間が必要で困難なので、プロである毛布のクリーニングを扱っているプロに任せるのが一番です

毛布のクリーニングの相場は?

ホワイト急便
一重毛布・綿毛布S 800円
一重毛布・綿毛布W 1000円
二重毛布S 1000円
二重毛布W 1200円
ウール毛布S 800円
ウール毛布W 950円
電気毛布 2100円
白洋舎
毛布 1100円
高級ブランド品の場合 2100円
ベビー毛布 750円
膝掛け毛布 750円
高級ブランド品の場合 1400円
ノムラクリーニング
毛布 1285円
合わせ毛布 1495円
ピュアクリーニング
毛布(化繊・ウール・合わせ毛布シングル・ダブル) 1200円
電気毛布     膝掛け 2000円
シングル 2500円
ダブル 3000円

チェーン展開しているクリーニング店の毛布のクリーニング代金を調べましたが、皆さん価格を見てどうですか?
私は意外と安いと感じました

クリーニング店によってサイズ別・素材別など細かく料金設定しているクリーニング店から毛布と大きく区切り一律の価格のクリーニング店など様々ですが、安いクリーニング店でれば700円~毛布をクリーニングに出すことが出来ます

毛布を自宅で洗濯すると場合によっては半日以上必要になる大作業ですが、700円で手間無くプロの仕上がりの毛布を体験出来るのであれば、とても便利だと感じます

どれ位でクリーニングから帰ってくるの?頻度はどれ位で出せばいい?

毛布のクリーニングに必要な日数はおおよそ2日~4日必要になります

毛布に大きな汚れなど付いてしまった場合は早急に出すことで汚れも落ちやすくなるので目立つ汚れが付いてしまった場合は早くクリーニングに出しましょう

特に目立った汚れが無い場合でも毛布を使用するシーズンの半分で1度かシーズン終わりにはかならずクリーニングに出してから保管しましょう

毛布の保管方法は?正しい保管方法

クリーニングから毛布が帰ってきたらまずはビニール袋から毛布を出しましょう

ビニール袋に入れっぱなしにしておくと湿気などが溜まりカビなどの原因にもなります

そしてクリーニングでの薬剤が残っている場合もあるので、1度干すと薬剤も飛ばす事が出来ます

収納する場合は毛布を通気性の良い不織布で覆い収納するか、専用の圧縮袋等を使用しましょう

もし、自宅に毛布の週のするスペースが無い場合は、シーズンオフの間正しい保管方法で毛布をも関してくれるサービスもあるので利用しましょう