商品ごと料金や相場

マフラーのクリーニング料金ってどれ位?出す頻度やカシミア、高級ブランドの物を安心して出せるお店をピックアップ

マフラークリーニングの相場と出し方の注意点

11月に入り寒くなってくると必須アイテムとして欠かす事の出来ないマフラー
3月ぐらいまでの長ければ5ヶ月間も使用するマフラーをみなさんきちんと洗っていますか?

冬場や寒くなると汗をかいたりしないので、汚れるイメージがあまりありませんが、外気の汚れや、自身の息や気づかない汗や、メイク等で気付かないうちにマフラーは汚れています

ですが、マフラーを洗っている方やマフラーの洗い方を知っている方は少ないのでは無いでしょうか?
マフラーは繊細で洗っては駄目と思い洗わずに何年も使用している方も多いと思います

そもそもマフラってクリーニングに出す必要がある?家で洗うことはできない?

マフラーの素材別に自宅で洗濯する方法と注意点を紹介します

カシミヤ

ニットの高級素材としても定着しているカシミヤですが、カシミヤはカシミール地方に生息している山羊の毛で生産量が少なく山羊一頭から150g~200g程度しか取ることが出来ないために、価格も高価です

カシミヤの特徴としては、毛の繊維が細く長いので空気を含みやすい特性があり保湿性もバツグンです

ですが、毛の繊維が細いので擦り切れたり、シミも出来やすい非常にデリケートな素材で自宅で洗うのは少し難しい素材かもしれません

カシミヤを自宅で洗う場合は30度以下の水で、優しく手洗いしてください さらに長時間水に沈めないようにすすぎも含めて短時間で洗う必要があります

ウール

ウールは羊の毛で、毛玉が出来にくく、丈夫なのでカシミヤに比べると扱いが楽な素材です

ですが、洗濯機などで洗ってしまうと、縮んでしまったり硬くなってしまったりと、マフラーとしてふわっとした質感など失われてしまう可能性があります

なので、カシミヤ同様手洗いで少ない時間で洗ってください

アクリル

アクリルはカシミヤやウールの様な天然繊維では無く、化学繊維で丈夫な素材ですアクリル素材のほとんどは洗濯機で洗うことが出来ます

ですが、必ず洗濯ネットを使用し、中性のおしゃれ着洗い用の洗剤を使用しましょう

洗濯機のコースも手洗いモードやソフトモードなどの優しく洗える様にしてください


カシミヤやウールなどの天然繊維はぬるま湯で短時間での手洗いでアクリルなどの化学繊維は洗濯機でも洗うことが出来ます

シルク・レーヨン・キュプラ・アセテート等の素材はとてもデリケートなので自宅での洗濯は避けた方が無難です
さらに、スパンコールやビースやラインストーンなどの装飾のあるマフラーも同じです

これらの事からもマフラーはのほとんどは自宅で洗うことが困難で、素人が洗うとふんわりした質感や風合いが失われる可能性があるので、クリーニングをオススメします

特にヴィトンやグッチなどの高級ブランド品やカシミヤ素材のマフラーは特にクリーニングをオススメします

アクネ(Acne Studios)マフラーは洗濯するか?クリーニングに出すか?

最近街でよく見かけるマフラーで人気のブランドであるAcne Studios(アクネ)はスエーデンのストックホルム生まれのブランドでトレンドに左右されないシンプルなデザインが多い事で、様々なアイテムと合わせやすく長く愛用できる事からも人気があります

アクネは素材や縫製にもこだわり、丁寧に作られているアイテムが多く、アクネのマフラーの価格は15000円~50000円で素材もウール~カシミアまであり決して安くはありません

素材に合った洗濯方法で自宅で洗濯することも可能ですが、長く大切に使用するためにはアクネのマフラーはクリーニングに出し、プロに洗って貰うことをオススメします

自宅で洗濯することができてもせっかくの風合いやマフラーの巻き心地が悪くなると意味が無いのでクリーニングに出しましょう

バーバリーのマフラーは洗濯するか?クリーニングに出すか?

マフラーで人気の定番ブランドと言えば「バーバリー」です

バーバリーはイギリスの有名ファッションブランドでマフラーやトレンチコートは安定した人気を誇っています

バーバリーの定番であるチェック柄は巻くだけで高級感が出ますし、どんなコーディネイトにも合わせやすいのも魅力です

バーバリーのマフラーの素材もウール~カシミアまで様々で、価格帯は15000円~80000円と決して安くありません

バーバリーのマフラーは高級品になるので、基本的には洗濯のプロであるクリーニング店に出しましょう部分的な汚れが気になり、クリーニングに出すのをためらうのであれば、素材に合わせた洗剤と洗濯方法で自宅で洗濯してもかまいませんが、洗濯が出来たとしても、バーバリーのマフラーの風合いや巻き心地が損なわれると意味がないので、クリーニングに出しましょう

マフラーの毛玉はクリーニング店に出せば取ってくれるのか?

マフラーを長期間使用していくと気になるのが毛玉です

クリーニング店にマフラーを出すと綺麗になって帰ってきますが、毛玉についてはどうなるのか調べると、クリーニング店によってはオプションではなく毛玉を無料で取ってくれるサービスがあるクリーニング店もあります

ですが、毛玉取りは毛玉を取り過ぎるとマフラーの生地が薄くなったり、穴が空いてしまうなどのトラブルがあるので必ずしも毛玉を取ってくれるサービスが良いと言うわけではありません

毛玉を取ってくれるかどうかはクリーニングを出す前にクリーニング店に確認する事と、トラブルを防ぐために自身で毛玉を取りたい方は、毛玉取り器を購入し自身で毛玉を取ることをオススメします

 

 

マフラーのクリーニング値段の相場はいくらくらい?クリーニング店を比較

マフラーを自分で洗う事の難しさとリスクがあることを紹介しましたが、実際クリーニングに出すと言っても価格によってクリーニングに出すかどうか変わってきますよね?

マフラーのクリーニング代はお店によって価格設定や規定が違いますが、マフラーのクリーニングは600円~700円が相場です
カシミヤなどの高級素材は追加料金で200円~300円必要になるお店が多いです

また、ヴィトンやグッチなどの高級ブランド品の場合も追加料金で200円~300円必要になるお店が多いです

 

ホワイト急便
マフラー 480円
白洋舎
マフラー 600円
高級ブランド品 1150円
ノムラクリーニング
マフラー 560円
ピュアクリーニング
マフラー 500円

マフラーをクリーニングに出す場合オプション加工で「消臭加工」があります 消臭加工の相場は300円ですが、マフラーは口元に巻くので匂いが染みついたりしやすいので、「消臭加工」をつけると気持ちよくマフラーを使用する事が出来ます

高級ブランド品のカシミヤ素材であれば消臭加工も含めると高くても1500円くらいで安い物で700円程度でクリーニングに出すことが出来るので、自分で洗濯するリスクを考えると断然クリーニングに出すことをオススメします

どれくらいの頻度でクリーニングに出すといいの?

基本的にはマフラーは汚してしまったり、匂いが気になることが無ければシーズンの最後に1度クリーニング出す程度で問題ありませんが、女性の場合は化粧品がマフラーに付いてしまうので私のオススメとしては理想は月に1度はクリーニングに出すことをオススメします

一度クリーニングに出すとマフラーがびっくりするくらい気持ちよく感じますし、周りから見ても綺麗なマフラーと汚れているマフラーとではせっかくのヴィトンであったり、カシミヤでも意味がありません

一度クリーニングに出すと、クリーニングに出すのがやみつきになりますが、毎週出すと、素材も痛んだりするので、月に1度のクリーニングがオススメです

マフラーをクリーニングに出す前に確認しておきたいこと

素材と洗濯ネームを確認

マフラーを購入した後、マフラーを首に巻いたときに洗濯ネームが当たって痛いやマフラーを巻いたときに洗濯ネームが見えると見栄えが良くない等の理由で洗濯ネームを切り取ってしまう方がいます

洗濯ネームが無いとクリーニング店もどのようにクリーニングすれば良いのか分からないので受け付けて貰えないお店も多いので、洗濯ネームは付けておくか、必ず保管しましょう

マフラーの素材は水に弱くドライクリーニングが一般的ですが、カシミヤなども100%~10%など様々で何%かで料金やクリーニング方法も区別しているクリーニング店が多いです

また、マフラーにビーズ等の付属品が付いている場合は、クリーニングに出す前に取れかかっていないか確認し、とれそうになっている場合は事前に縫っておきましょう
中には取り外し可能な付属品もあるので、取り外し可能な場合は事前に外して自身で保管しておきましょう

クリーニングに出すとクリーニングの最中に外れてしまい行方不明になることもあるので事前に防止する事をオススメします

マフラーの正しい保管方法※クリーニングから返ってきたら

ビニール袋から出して干しましょう

クリーニングから帰ってくると汚れ防止のためにマフラーはビニール袋に入って帰ってきますが、すぐに袋からマフラーを出して風通しの良い場所で陰干ししましょう

そうすることによって袋の中でこもっていた湿気を取ることが出来ます

さらに、クリーニングに出すとドライクリーニングの溶剤が残っている可能性もあるので、早めに袋から出し、干すことで溶剤を飛ばす事が出来ます

マフラーは巻いて保管する

マフラーは畳んで保管すると、畳みじわが出来たり、マフラーのふわっとした風合いが損なわれます

マフラーはくるくると巻いて保管すると、場所も取ることがないですし、ふわっとした風合いも損なわれる心配がありません

シーズン最後のクリーニングからマフラーが帰ってくると、必ず袋から出して陰干しし、くるくると巻いて保管することで、来シーズンも気持ちよくマフラーを使用する事が出来ます

私も今まで高級ブランド品やカシミヤ100%のマフラーを購入しても、1度も洗う事無く、使い続けて2ヶ月経過すると、汚れでベタベタしたマフラーをシーズン最終まで使い続けて捨ててしまう事が多々ありました

1度クリーニングに出してからは毎月クリーニングに出すことが習慣になり、常にマフラーの購入したばかりのような気持ちよさと見栄えのよさで、何年も使える様になりました♪