商品ごと料金や相場

カナダグースのクリーニングはどこに出す?高級ダウンのクリーニング屋選びのコツ

カナダグース(CANADA GOOSE)ダウンをクリーニングに出すコツと注意点

カナダ北東部の都市トロント発のブランド、カナダグース(CANADA GOOSE)

羽織るだけできまり、都会でも浮かないカジュアルスタイルが素敵です

南極探検隊やエベレスト登山隊などに選ばれるほどの本格派なのも人気の秘密ですね

モンクレール、水沢ダウン、タトラス、デュベティカなどとともに高級ダウンの人気ブランドとして知られています

しかし1着10万円前後するカナダグースのコート

自分で洗うのも中々不安だし、いつものクリーニング屋に出すのも他のと一緒でいいのかちょっと気になりませんか?

『ブランドダウンのクリーニング料金ってどのくらいかかるの?』

『お気に入りのダウンコートを長持ちさせるにはどうすればいい?』

『結局いつものクリーニング屋に持って行って大丈夫?』

 

いえ、大丈夫ではありません!

やはり高品質な製品は相応のメンテナンスが必要なのです

このページではカナダグースのダウンをクリーニングに出すときの注意点やお店選びのコツについてまとめました

カナダグースのダウンジャケットが普通のクリーニング屋で難しい理由とは?

近所のクリーニング店の店頭に「カナダグースやモンクレールのダウンは対応できません」なんて張り紙を見たことありませんか?

クリーニング失敗によるトラブルを事前に防ぐためだと考えられますが、何故失敗する可能性があるのでしょうか?

1、ダウン生地に通常のドライクリーニングはNG!ダウンは水洗いが鉄則です

通常クリーニング店のクリーニング手法は、皮脂汚れがよく落ちるドライクリーニングが主流です

しかしカナダグースのダウンコートなどをドライクリーニング、しかも洗浄力を高めにした場合にあたってしまうと…

中の羽毛の油まで洗われてしまい、ダウンの命のふんわり感が失われてしまう可能性があるんです(涙)

もちろんドライクリーニングの良さもありますので、高級ダウンのための配合になっていて熟練の職人さんが扱うなら問題は少ないと思うのですが、

よくブランドを知らないクリーニング屋さんがカナダグースと知らずに他のと同じように洗ってしまったらと考えると恐ろしいですね…!

2、カナダグースの生地は高気密だからこそ洗いにくい…

ダウンコートに使われる生地は、保温性を高めるために、軽くて風や水を通しにくい目の詰まった生地が多いです

高性能なカナダグースももちろん例に漏れません

生地が詰まっているという事はつまり、水やクリーニングの溶剤が通りにくく、乾きにくいという事

その結果、クリーニングの洗剤や溶剤が渇きにくく残ってしまい、「際つき(きわつき)」というキルティング沿いにシミが残る現象がおこることがあります

際つきの実際の事例

ダウンジャケットのトラブルで代表的なのが、際つき(キワツキ)と言われる現象です。
際つき(キワツキ)とは、キルティングの縫い目部分に沿って濡れたようなシミが出来る現象を言います。

ダウンジャケットは、中綿(なかわた)を含んでいるという特徴から、通気性を抑える為に生地の密度が高い製品です。また、そのような効果を得る為にコーティング加工を施している場合もあります。

このように生地の密度が高いということは、洗濯後の脱水や脱液の効果が得られ難いうえに、乾燥もし難いという弱点があります。

東京都クリーニング生活衛生共同組合より出典

https://www.tokyo929.or.jp/column/washing_cleaning/post_86.php

参考の通り「よくある」トラブルとして例があります

大切なダウンジャケットがこんな風になるとかなり凹んでしまいそうです…

トラブルを回避するためには熟練の職人の経験が必須

だからこそダウンジャケット扱いに慣れたプロがいるクリーニング屋さんを選ぶ必要があるんですね

カナダグースのクリーニング価格相場はどのくらい?公式がおススメするクリーニング屋さんは?

それでは高級ダウンクリーニングのプロがいるクリーニング屋さんはどこ?お値段はどんな感じ?の疑問を解いていきましょう

カナダグース公式がおすすめしている、クリーニング・カラキヤさんと、クリーニング屋大手の白洋舎さんの金額を見てみましょう

カラキヤさんの店舗は東京港区に1店舗のみなので、今回は宅配の場合の金額をのせますね

クリーニング・カラキヤ 白洋舎

高級ブランドクリーニング集配コース

クリーニング料金(税込) 5,616円 8,478円
送料(往復)※都内在住の場合 3,154円 0円
支払い手数料 324円(代引き) 0円(クレジット)
合計(都内在住) 9,094円 8,478円

※こちらの金額はダウンコートをクリーニングに出した場合の概算です実際のアイテムによって金額は変動しますので詳しくは各クリーニング点にお問い合わせください

住んでいる地域によりますが、大体一着1万円弱かかる計算になります

安心を1万円で買えるなら納得の金額…ですが毎年クリーニングに一万円だと中々の金額ですね

着はじめは確実に上記のお店でお手入れをしてもらい、年数を重ねてきたら品質も良くてコストももう少し抑えられるとこを探しはじめてもいいかもしれません

カナダグースのダウンをできるだけ長持ちさせるコツ

高価なダウンを買ったからには長持ちさせたいですよね

基本的な内容になりますが、しっかり押さえてカナダグースを長く楽しみましょう

ダウンコートをクリーニングに出す頻度は?

1回1万円かかるなら汚れが目立ってきたらクリーニングに出そっと…

ではありませんよあなた!!

皮脂汚れや汗は冬場でもたくさん着きます

高品質なカナダグースだと屋外は最高だけど建物の中とか電車の中では汗ばむくらいでしょう?

それに加え、目立たない食べこぼしの汚れなども放置する事で変質し落ちにくくなったり、保管中にカビの元になったりしていいことはありません

汚れが付いたら自分でお手入れかクリーニング、また1シーズン着たら汚れが目立たなくてもクリーニングしてからしまいましょう

ダウンコートにできる日々のお手入れって?

  • 雨などに濡れたらしっかりふき取って雨染み防止
  • 目立つ汚れがついたらふき取るか、汚れの種類によってはクリーニング店に相談を

なんにせよ汚れを放置する事によって落ちにくくなることは確実です

1日着終わったら必ずチェックするようにしましょう

ダウンコートをクローゼットにしまうときのコツ

一日着たダウンコート、そのままクローゼットに突っ込んでいませんか?

面倒でも日の当たらない風通しのいいところで汗や湿気を飛ばしてからしまうようにしましょう

汚れのチェックもしやすいですし、湿気によってカビたり羽毛がぺしゃんこになるのも防げます

風通しが良くて、他の衣類に重ならないようゆったりとした場所に、厚めのハンガーにかけて保存できるとベストですね

失敗しない!カナダグースのクリーニング屋選びのポイント3点

やっぱり1回1万円は気になるなぁ…と他のクリーニング店を自分で選ぶ際に押さえたいポイントをまとめます

  1. ウェットクリーニングを選択する、もしくはダウンコートに適した溶剤を使っていること
  2. 料金は明確か、安すぎないかどうか
  3. 高級ダウンのクリーニング実績が多数あること

こだわりのあるクリーニング屋さんなら、店頭や公式サイトにクリーニング方法の明記があるはずです

わかりにくいなら問合せをしてみてもいいですね

カナダグースのクリーニングは1着1着個別の処理と手間と時間が必須です

その分コストも高くなるのは仕方がないと思います

通常のドライコースと同じような金額だとしたら、それはそれなりの事しかしてないという事ですので注意が必要です

また、最後にはクリーニング職人さんの経験が頼りになりますので多数実績をもっているところを探してお願いするのが確実ですね

まとめ※おすすめクリーニング店探しへのリンクもこちら

いかがでしたでしょうか

カナダグースのダウンコートのクリーニングは、実績を積んだクリーニング店で適切な手法、適切な金額でお願いしたいものです

後は、何着かまとめてクリーニングをするのか、保管サービスもお願いするのか、はたまた着古したコートなのか1年目なのか等々、クリーニング店を選ぶ基準は変わってくると思います

何年も着てもう元をとったwなんてツワモノはコスパに優れたクリーニング店でもいいかもしれませんね

かさ張るダウンコートのクリーニングは、自宅にいながら依頼して受け取れる宅配クリーニングがおすすめです

自分にぴったりのクリーニング屋さんをお探しの方はこちらの記事をどうぞ

普段使いから高級ダウンまで♪人気宅配クリーニングはここ♪