商品ごと料金や相場

セーターのクリーニングの料金相場は?自宅で洗濯する方法は?

セーターのクリーニング料金相場と出し方

みなさんセーターの洗濯はどのようにされていますか?
なんとなくセーターは洗濯できないのではないのか?
セーターの洗濯表示を見ると「ドライクリーニング」と書いていておうちでは洗濯できないと思っている方はおおいのではないかと思います

それならクリーニングに出すなら料金はいくら程度必要なのか?

等色々なことが気になります

セーターは自宅で洗濯する事がとても難しい衣服の代表とも言えます

とくにウールやカシミヤなどの天然繊維100%で作られたセーターは水に弱いので洗濯には向いていません
通常通りに自宅で洗濯すると繊維同士が絡まり縮みやすくなる上に、乾かす際に型崩れを起こすなどトラブルがつきものです

そのためにデリケートな素材で作られているセーターは自宅では洗わずにクリーニングに出した方が長持ちしますし、気持ちよく着ることが出来ます

クリーニング店などで実際に行なわれているドライクリーニングはウールなどの弱点である「水」を全く使用せずに溶剤(油)を使用し汚れを落とすのでダメージを最小限にし、綺麗にする事ができます

セーターは自宅で洗濯することができるのか?

それではセーターは自宅で洗濯することはできないのか?

答えは「ポイントを抑えれば自宅でも洗濯する事はできます」

それでは自宅で洗濯する方法と注意すべきポイントを紹介していきます

洗濯する前にチェックすること

はじめに自宅で洗濯することができるセーターかどうかの確認をします2つポイントがあります

洗濯表示を確認

水洗いOKと洗濯表示に書いているセーターは洗濯できます

水洗い不可の洗濯表示に書いているセーターは自宅で洗えるものと洗えない物があります
洗い方によってはセーターを傷めてしまう場合があるので洗濯は手洗いで慎重にしましょう
絶対に傷めたくない大切なセーターはクリーニングに出しましょう

その他にも自宅で絶対に洗濯してはいけないセーターは

  • 洗濯表示にドライクリーニング不可と書いている場合
  • アセテート・シルク・キュプラ・レーヨンで作られているセーター
  • 繊細な装飾が施されているセーター

上記3点のどれか1つでも当てはまるセーターは必ずクリーニング店に持って行きましょう

色落ち確認

洗濯する前に洗濯するセーターが色落ちしないかどうか確認しましょう

洗濯時に使用する中性洗剤をセーターの目立たない部分に少量付けますしばらく置いてから洗剤を付けた箇所に白いタオルを当ててみましょう

タオルに色移りがなければ洗濯できます

万が一色移りしてしまった場合はクリーニングに出しましょう

洗濯時に必要な物

おしゃれ着洗い用の洗剤

  • 柔軟剤
  • 洗濯ネット
  • 洗濯桶(手洗いの場合)
  • バスタオル(脱水用)
  • 平干しグッズ

セーターを洗濯する場合は洗濯機と手洗いの2通りあります

洗濯機の場合

セーターを畳んで洗濯ネットに入れます
その際には襟や袖口の汚れが気になる部分を外側にして畳みましょう

洗濯ネットに入れるときは洗濯ネットのサイズとセーターの畳んだサイズが同じようにしましょう

洗濯機にオシャレ着用の中性洗剤を入れドライコースもしくは手洗いコースで洗濯します
柔軟剤は仕上がりをフワフワにするだけではなく、洗濯後のセーターの静電気を防止する効果もあります
乾燥し静電気が多発する冬にはとっても効果的です

柔軟剤があればぜひ洗濯時に使用しましょう

洗濯後の脱水時間は1分以内でできるだけ短くし、セーターの縮みや毛玉を防ぎます

手洗いの場合

洗濯枚数が少ないときやデリケートなセーターを洗う場合は手洗いがオススメです

手洗いの場合もセーターを洗濯ネットに入れます

洗濯桶や洗面台に水をはり、中性洗剤を適量入れてしっかりと溶かしましょう

しっかりと溶かしたらセーターを浸し、やさしく押し洗いします
汚れが気になる場合は10分程度つけ置きしましょう 手洗い時は縮みや毛玉の原因にもなるので、擦ったりもみ洗いをすることは厳禁です

洗いが終了したら水を取り替えて数回すすぎをしましょう
柔軟剤を使用する場合はすすぎの最後に入れましょう

最後にバスタオルにセーターを畳んでやさしく押してタオルドライすれば洗濯終了です

乾かし方

セーターを乾かす場合は必ず日陰で平干ししましょう

日向に干すとセーターを傷めてしまうので直射日光が当たる場所は避けてください

ハンガーにかけて干す場合、ハンガーの後がセーターに付いてしまったり、セーター自身の重みで毛糸が伸びてしまったりします

洗濯バサミも後が残ってしまうので避けましょう

平干しグッズはホームセンターや100円均一ショップで購入できるので平干しで干しましょう

平干しグッズが無い場合はソファーの背もたれやお風呂の蓋の上にタオルを敷いて乾かしましょう
スペースがなくどうしてもハンガーで干す場合は、布ハンガーを使用するとハンガーの跡もマシになります

セーターが縮んでしまった場合

洗濯してセーターが縮んでしまったら縮みを元に戻すために一度試してみて下さい

洗濯桶か洗面台・ヘアートリートメント(アモジメチコンかジメチコンが成分で入っているもの)・スチームアイロンを用意します

洗濯桶か洗面台にぬるま湯を入れ、トリートメントを15g程度入れてよく溶かしましょう

溶かした後、セーターを30分~1時間浸します
その後、セーターを取り出しバスタオルで挟んで脱水しましょう

脱水が終わると平干しで陰干ししましょう

生乾きの状態まで乾いたら次はスチームアイロンでスチームをたっぷり30秒程度かけてスチームをかけた部分をゆっくりと両手で引き延ばします

アイロンは直接当てずに1㎝くらい上の所でスチームだけを当ててください

これをセーターが伸びるまで何度か試してください

時間と手間は必要ですが、試す価値はあります

セーターのクリーニングの相場は?

ホワイト急便
セーター・カーディガン 330円~
白洋舎
セーター・カーディガン・チョッキ 600円
高級ブランド品 1150円
手編みや装飾物 1050円
手編みや装飾品高級ブランド 2100円
ノムラクリーニング
セーター 455円~
ピュアクリーニング
セーター・カーディガン 500円
ニットベスト 500円
ロングカーディガン 700円
ニットワンピース 900円

セーターをクリーニングに出した場合の価格を調べましたが、300円~1000円程度です

セーターも様々な種類があり、カシミヤや高級ブランド品の物はクリーニング店でも大切にクリーニングしてくれるメニューがあるクリーニング店に出しましょう

どれ位でクリーニングから帰ってくるの?頻度はどれ位で出せばいい?

セーターをクリーニングに出すと、クリーニング店の出荷時間に間に合えばその日の夕方に帰ってくることもありますが、基本的には2日~3日程度でクリーニングから帰ってきます

高級ブランド品やカシミヤなどのデリケートな素材専用のコースの場合は1週間程度日数が必要になることがあります

セーターのクリーニングは1ヶ月に1度かシーズンの最終には必ずクリーニングしてから収納しましょう

セーターに毛玉が出来る原因は?毛玉はプロに取って貰おう

セーターに毛玉が出来る原因をご存じですか?

毛玉ができる原因は衣類や他の物と擦れによる摩擦で生地の繊維が毛羽立ち毛玉になるのです

毛玉とはニットやセーターの繊維が毛羽立ち玉状になった物なのです

この繊維である毛玉を引きちぎる行為はニットやセーターの生地自体を引きちぎっているのと同じなのです

繊維を引きちぎるとニットやセーターの寿命が縮まってしまいます

このことからニットやセーターに毛玉が出来てしまっても無理に引きちぎる事は絶対にしないようにしましょう

毛玉の対策はニットやセーターに毛玉が出来ないように予防対策する事と、毛玉が出来てしまって毛玉をどうしても取りたい場合はクリーニングに出してプロに依頼しましょう

クリーニング店ではプロの職人が毛玉を綺麗に取るだけで無く、その後の後処理まで丁寧にしてくれるのでニットやセーターの痛みが軽減されます

自分で毛玉をちぎった場合でもプロが毛玉を綺麗に取り除いても生地の繊維を傷めている事には違いませんがプロが毛玉の処理をした方が圧倒的に生地へのダメージが少なくなるのでニットやセーターの寿命も大幅に縮むことはありませんし、プロによる後処理で毛玉の再発防止にもなります

毛玉取りは素人が行なうと必要以上に繊維を引きちぎってしまいニットやセーターの寿命を縮めてしまいますが、クリーニングで毛玉取りを依頼することでリスクを軽減できます

さらに、クリーニング店では毛玉取りを無料でしてくれるお店もあるので、クリーニングに出して毛玉取りも依頼したい場合は事前に料金を調べましょう

セーターの保管方法は?正しい保管方法

セーターの保管方法は畳んで収納ボックスに収納しましょう

収納するときにはボックスにたくさん入れるとせっかくのふわふわ感や風合いが失われる事もあるので余裕をもって収納ボックスに入れましょう
その際にボックスには除湿剤や虫除けをいれると良い状態でセーターを保管することができます