クリーニングQ&A

【事故が多い?】シームレスダウンを安全クリーニングに出すために押さえたい3つのポイント

シームレスダウンを安心してクリーニングに出す方法

定期的にネットで話題になる

『シームレスダウンはクリーニングできません』

『安いシームレスダウンを買うなら使い捨てだと思ってください』

『クリーニング店にシームレスダウンを持って行ったら断られた』

なんて声、見たことありますか?

せっかくUNIQLOでお買い得にダウンをGETしたのにびっくりしちゃいますよね

でも大丈夫!正しい知識を持って、丁寧にクリーニングしてくれるクリーニング店に出会えればお手入れできますよ

しかし購入から2,3年以上経過したシームレスダウンに関しては、商品の特性上どうしても避けられない問題があります

このページでは最近話題のシームレスダウンのクリーニングについてまとめました

そもそもシームレスダウンとは何?

シーム(縫い目)レス(なし)でシームレスダウン

その名の通り、ダウンジャケットのダウンを閉じ込めたモコモコ部分を縫わないで樹脂素材(ポリウレタンとか)でくっつけた縫い目がとっても少ないダウンのことです

一般的なダウンのように縫い目があると、縫い目の針の穴がクリーニングや着用によって超微細ですが広がっていき、ダウンの噴き出しや温かい空気が逃げ出す原因になってしまいます

それに比べてシームレスダウンは

  • 縫い目の針の穴がないので中のダウンが噴き出してこない
  • 暖かい空気が逃げにくい
  • 雨などの水滴を通しにくく撥水力が高い
  • 熱が逃げにくいのでダウンの量を少なくできてすっきりしたシルエットが実現できる

などのメリットだらけ

高級ダウンの水沢ダウンをはじめノースフェイスなど他のブランドでも展開があるのがわかる気がしますね

水沢ダウンクリーニング注意点とクリーニング店選びのコツ
【安心♪】水沢ダウンのクリーニング選びの注意点まとめ※失敗事例とシームレスダウンお手入れの注意点 水沢ダウンはスポーツブランド【デサント】のダウンジャケットシリーズで高級ダウンと言えば、海外ブランドのモンクレール、カナダグース...

シームレスダウンのクリーニングトラブル理由と実例

シームレスダウンの要と言える、キルティングの圧着部分の接着剤の寿命が短く

なんと3年ほどで寿命をむかえてしまうそうです

機能的側面だけを見れば優れた商品と言えますが、その機能を生み出す為の製造方法に問題があります。問題の箇所は圧着してある部分で、圧着に用いられる樹脂に「ポリウレタン」が使用されているケースが多く、着用状態などにもよりますが3年程で圧着部分が剥がれてくる可能性が高いです。ポリウレタンというのは、空気中の水分や熱や紫外線など生活するうえで避けられない環境の中で少しずつ成分が分解され必ず劣化する、3年程で寿命を迎える素材です。 ポリウレタンが用いられた衣料品としてはシームレスダウン以外にも「合成皮革」や「人工皮革」、伸縮性のあるストレッチ素材が用いられたパンツなどが流通しています。これらポリウレタンが用いられた衣料品は全て製造から劣化がスタートしていますので、その点においても非常に注意が必要です。

東京都クリーニング生活衛生同業組合 出典

https://www.tokyo929.or.jp/column/buy/post_130.php

つまりクリーニングでおこるシームレスダウンのトラブルとしては、

圧着している樹脂が寿命

クリーニングや洗濯で刺激をあたえる

圧着部分が剥がれる(それか元々剥がれていたのが酷くなる)

という事ですね

実際にこんなトラブルも投稿されていました

 

フリマアプリやオークションでの中古品の購入時には特に注意!

接着部分は着用頻度に関わらず、経年によって劣化しますので

「新品同様♪着用回数少な目美品シームレスダウン」なんて商品を購入したとしても、購入から3年以上経過している場合はいつ剥がれてもおかしくないという事です

シームレスダウン購入に関しては、とにかく製造からの期間を要チェックです

『できるだけクリーニングとか洗濯しなければ長持ちするんじゃない?』

残念ながら着用回数やクリーニング回数に関わらず、圧着部分は劣化します(もちろん乱暴に洗浄したら痛みは加速します)

そしてクリーニングや洗濯をしないと、今度はダウンに付着した汗や皮脂汚れによって、カビの原因になったりダウンの性能が落ちたりしてしまう可能性があるのです

ダメージを最小限にしつつ、汚れは落とすのがダウンを長持ちさせるポイントです

公式コメントで安心♪シームレスダウンはウェットクリーニング♪

『それじゃどんな方法でクリーニングすればいいの!?』

一般的なクリーニング屋さんではドライクリーニングが普通ですが

シームレスダウンのクリーニングは水洗い(ウェットクリーニング)しましょう

圧着している接着剤がポリウレタン樹脂が多いため、ドライクリーニングの溶剤(油)の洗浄力が強すぎる場合、圧着部の劣化が早まったり、中の羽毛の必要な油分を抜きすぎてしまいふんわり感を失ってしまう可能性があるのです

以下の通りUNIQLOや水沢ダウンのデサントの公式ページでも明記してありますし、洗濯表示タグもそのようになっています

クリーニング店での水洗い(ウェットクリーニング)が可能です。水洗いを取り扱っているお近くのクリーニング店にご依頼ください

UNIQLO公式ページ出典
https://faq.uniqlo.com/articles/FAQ/100005772/

クリーニング店でのウエットクリーニング(注)をお勧めします。 (注:ウエットクリーニングはクリーニング店でのマイルドな水洗い)

デサント 水沢ダウン公式ページ出典
https://allterrain.descente.com/mizusawa/care/

実は水洗いなので、自宅で洗濯も可能です…が、やはりかさ張るダウンは、洗うにもすすぐにもコツと風呂釜いっぱいの大量の水を必要とします

洗濯が好きな人やDIYに興味がある人は挑戦していいのかも!?

シームレス部分へのダメージを抑えつつ、ダウンの汚れを落とすにはウェットクリーニングが最適ですが

買ってから時間が経ってるなどで、既に圧着部分が劣化していたらどんな洗い方でも剥がれるものは剥がれる(笑)ので、注意してくださいね!

シームレスダウンを出すクリーニング店を選ぶチェックポイント3点

『クリーニングに失敗したくないし、自己で洗濯する時間もない!』

『最寄りのクリーニング店はシームレスダウン大丈夫かな?』

そもそもシームレスダウンはトラブル回避のため受付不可のお店も多いですが、受付された後に失敗されては嫌ですよね

そんな人は下の3点のポイントを元にクリーニング店をを見極めましょう♪

  1. ウェットクリーニングや水洗いのメニューがあるか明記しているか
  2. シームレスダウンに対応していてクリーニング方法の説明もきちんとできるお店かどうか
  3. 高級ブランドのダウンジャケットの実績があるか

3番目に関してはシームレスダウンのウェットクリーニングは、モンクレールやカナダグースなどの高級ブランドダウンも同じ手法です

羽毛の偏りや乾かし方などノウハウを多くもっている職人さんがいるお店を選びたいです

クリーニング店では、コストの関係で「シームレスダウンはクリーニングでクレームが多いから受付しないよ」か「シームレスダウンは痛む可能性が高いけど、それでいいなら受付するよ(傷んだとしても何も言わないでね)」という店舗が多いのかな、と思います

商売ですもの仕方ないですよね

そうではなく

「シームレスダウンは手間暇かかるからコストはかかるけど、ダメージは最小限にクリーニングするよ」

シームレスダウンだとわかっていて、丁寧に仕事をしてくれるかどうか?

そういうお店を探してくださいね

まとめ

シームレスダウンをクリーニングに出す際はUNIQLOのであっても剥がれ防止のためにデラックスコースなどの単品洗いをおススメされる事が多いです、そうすると

『セールで超お買い得だったのにクリーニング代超高い!』

『クリーニング金額と購入金額がほぼ一緒(笑)』

なんてことも

そんなときは自分で洗濯するか、元を取るほど着た(笑)のならコスパのいいクリーニングに出すのも考えてみてください

自分で洗濯する場合は以下のページで手順を解説しています

ユニクロウルトラライトダウンジャケットの洗濯方法とポイント
【ユニクロ】ウルトラライトダウンジャケットは自宅で洗濯できる?注意点とやり方まとめ サイズ、カラーが豊富でコスパが良く日常使いにピッタリなユニクロのウルトラライトダウン 私も愛用していて買い物や子供と公園に...

お手入れ後の最適な保管についても書いてあります

コスパのいいクリーニングを探すならコスパの良い宅配クリーニングも参考にご覧になってくださいね♪

かさ張るダウンジャケットは自宅まで取りに来てくれて、保管サービス付きも多い宅配クリーニングがおススメですよ♪