商品ごと料金や相場

ダウンジャケット(コート)のクリーニング料金相場とおすすめ業者※自宅で洗うと失敗する?

ダウンジャケット(コート)の宅配クリーニング

 

ダウンジャケットやダウンコートのお洗濯ってどうされていますか?

ご自宅で洗濯するのは難しいイメージがありますよね?

かといってせっかく高価なお気に入りのダウンジャケットやダウンコートを自宅で洗濯して駄目にしてしまうとショックなので、洗濯もせずにそのまま使い続けていませんか?

ダウンジャケットやダウンコートは使い続けていると日々汚れていきますし、飲み物や食事の汚れが付いてその場で水やおしぼりで汚れを取ってもシミになってしまったり汚れがキチンと落ちずに蓄積されていき、落ちない汚れとなってしまう事があります

 

そこで、ダウンジャケットやダウンコートは自宅で洗濯する事ができないのか?クリーニングに出すメリットと金額を調べたので紹介します

ダウンジャケット(コート)は自宅で洗える?

自宅で洗濯する場合、まずは洗濯表示を確認しましょう

洗濯表示を確認して自宅で洗濯できる素材であることを確認すれば早速洗濯に挑戦しましょう

  1. ジャケットやコートの場合もファスナーやボタンをしっかりと閉めて形を整えて折りたたみましょう
  2. 洗剤は普段使用している洗剤では無く風合いや型崩れが起こらないようにデリケートな衣類専用の中性洗剤を使用しましょう
  3. 風呂桶や洗面台などに30度程度のお湯をジャケットやダウンコートが沈む位の量を張ります その量に応じて洗剤を入れます
  4. 折りたたんだジャケットやダウンコートをお湯の中に入れ優しく押しながら全体に染みこむように押し洗います コツは力を入れずに優しく、優しくが基本です
  5. 洗剤液が全体に染み込み押すことで中に含まれた洗剤液が循環することで洗う事が出来ます 洗いすぎは禁物で2・3回優しく押し洗いすれば十分です
  6. すすぎはお湯を替えて同じように押し洗いし、洗剤液を洗い落とします お湯の濁りが消え泡が立たなくなると次は脱水です
  7. 脱水はお湯を抜いた後、軽く押しながらダウンジャケットやダウンコートに含まれたお湯を抜きます 絞る行為は厳禁です 優しく置いて脱水しましょう
  8. 次は大きなバスタオルを広げその上にダウンジャケットやダウンコートを置き、バスタオルで挟むようにして水分を取りましょう
  9. バスタオルで十分に水分を取った後はその様態で乾かし、ある程度乾いてからハンガーで陰干ししましょう はじめからハンガーにかけて干すとダウンが下の方に寄ってしまい形が崩れるので注意が必要です

次は洗濯機でのダウンジャケットやダウンコートの洗い方を紹介します

自宅の洗濯機が手洗いやドライモードがあることを確認しましょう

  1. 手洗いと同じようにダウンジャケットやダウンコートのボタンやファスナーをしっかりと閉めた上で折りたたみ洗濯ネットに入れます
  2. ダウンジャケットやダウンコートが沈む位の30度程度のぬるま湯を全体が沈む位の量を張ります そして手洗いと同じように洗剤を入れます
  3. 洗濯ネットに入れたダウンジャケットやダウンコートを全体に洗剤液が行き渡るように優しく数回押すようにしてお湯の中に沈めます 沈める際にダウンジャケットやダウンコートが浮かないように注意しましょう 浮いてくる場合はバスタオルにくるんで沈める方法もあります
  4. 洗濯機での洗濯は「手洗い」や「ドライ」などの脱水時間が1分以内のモードを使用しましょう 洗濯が終わると羽毛の偏りを直すようにして形を整え、ハンガーにかけて風通しの良い日陰に干して乾かします
  5. 注意点は干すときにダウンの羽毛の偏りが無く、平均化させた上で干すことがとても大切です

ダウンジャケットやダウンコートと言っても「ユニクロ」などの手頃で安い場合は洗濯出来る物が多く、クリーニングに出すとお金も必要になるので自宅で洗濯しましょう

ですが、「モンクレール」や「タトラス」や「水沢ダウン」等の高級品は自宅で自分で洗濯し万が一駄目にしてしまうリスクがありますし、風合いや保温性が低下してしまう可能性があるので必ずクリーニングでプロにお願いしましょう

ダウンジャケット(コート)のクリーニング料金相場

クリーニングで有名チェーン店のダウンジャケットやダウンコートの価格を比較してみましょう

ホワイト急便
ダウンジャケットやダウンコート 1700円~
白洋舎
ダウンジャケットやダウンコート 2100円~
高級ブランド品の場合 4200円
ノムラクリーニング
ダウンジャンパー 2450円
ダウンコート 3300円
ピュアクリーニング
ダウンジャケットやダウンコート 2400円

 

チェーン展開している有名クリーニング店5社のダウンジャケットやダウンコートの価格を調べました

クリーニング店でも価格にかなりのバラツキがあります 通常で2000円~3000円で高級品オプションの場合は5000円が目安ですね

ファーや皮を付属品で付いている場合はファーや皮製品価格で別途2000円が必要になります

ノースフェイスのダウンはクリーニングに出した方が良い?汚れた場合のお手入れ方法も紹介

ノースフェイスは1966年にアメリカで創業されたアウトドアブランドです

ザ・ノース・フェイスは50周年を迎えここ数年で日本でもかなり浸透された人気ブランドで、機能性に優れるほかにもデザイン性も非常に高く、普段着のオシャレアパレルとしても愛されています

ダウンジャケットでは「バルトロライトジャケット」は普段着用のダウンとして大人気で発売当日は行列ができてすぐに完売し、入手困難なダウンジャケットで定価定価が59400円に対して入手困難で人気があることからネットオークションでは100000円を超える価格で取引されています

高級ブランド品や入手困難なダウンジャケットは購入するのが難しいのでお手入れ方法で失敗するわけにはいきませんよね!

普段から汚れが付いた場合は自宅での洗濯は控え、汚れた箇所だけぬるま湯や中性洗剤でやさしく叩くように汚れを落としましょう

汚れが落ちない場合は早急にダウンジャケットやダウンコートのコースがある信頼出来るクリーニング店に出しましょう

また、汚れが付いていない場合でもシーズンの最後にはクリーニングに出し適切な管理方法で管理しないと傷めてしまうので注意が必要です

ノースフェイスのダウンは高額だけで無く、入手が困難でお金を出せば購入できる商品では無いので正しくメンテナンスし、長期間使用しましょう

どれ位でクリーニングから返送される?頻度はどれ位で出したらいいの?

クリーニングに出した場合どれぐらいの時間や日数でクリーニングが仕上がるのでしょうか?

持ち込みのクリーニングチェーン店の場合は1日で仕上げてくれるお店も多いですが、クリーニング店もお預かりして工場に出荷する時間と工場から仕上げて店舗に配送する時間が合えば、お昼12時預かりで夕方5時にお渡しなど可能ですが、中々時間を合わせる事が難しいので2日必要と考えておけば問題ありません

宅配で預かり宅配で返してくれて店舗にわざわざ持って行かなくても大丈夫な「宅配クリーニング」の場合は送る日数と返す日数が必要になるので1週間が目安として必要になります

ダウンジャケット(コート)の正しい保管方法

 

ダウンジャケットやダウンコートを自宅で保管する場合、圧縮袋にいれて保管したりしていませんか?

圧縮袋に入れての保管は絶対にしてはいけない行為だと知っていますか?

圧縮して長時間保管しているとせっかくのダウンがベタッとなってしまいフワフワ感が無くなり保温性も失われてしまいます

ダウンジャケットやダウンコートの正しい保管方法はハンガーにかけて日光の当たらないクローゼットに収納します そこで注意点ですが、羽毛は虫が付きやすいので必ずクローゼット用の防虫剤を使用しましょう

ダウンジャケットやダウンコートはかさばるのでつい畳んだり、丸めたりして保管してしまいがちになりますが、ダウンジャケットやダウンコートに空気を膨らませた状態で吊して保管するのがベストな保管方法です

周りの衣類にも押しつぶされないようにゆったりとしまうことが出来るスペースを確保したいですね

ビニール類のカバーを掛けるのも避けましょう

ビニールのカバーを掛けるとカビの原因にもなるのでどうしてもカバーを掛けて保管したい場合は不織布のバッグを代用しましょう

ハンガーも細いハンガーにかけた場合は中のダウンが寄ってしまい形が崩れてしまう原因になるので厚みのあるハンガーを使用しましょう

ダウンジャケットやダウンコートの保管も正しい保管方法と保管するスペースが必要になります

自宅での保管が難しい場合は宅配クリーニング店ではシーズンオフの間大切なダウンジャケットやダウンコートを預かってくれるサービスがあり人気です

大切なダウンジャケットやダウンコートを何シーズンも気持ちよく使用するためにぜひ活用しましょう